Wednesday, September 20, 2017 / Chromebook, Review

Chromebook Flip C100PA レビュー

chromebook Flip C100PA

1年ほど前に 諸事情によりふと思いたって買った Chromebook Flip C100PA ですが、実はあまり使っていないです。

とはいえ、キーボードの感じはとても良いし、軽い。それから Chromebook 特有の使い易さ… パッと開いてすぐに使える、基本的にウェブしか使わない(使えない)から、 「使おう」と思ってから、そこに至るまでのステップが限りなく少ない という快適さが捨てきれなくて、ずっと手元に置いています。

では、逆になぜそんな気に入っているのに使っていないかを考えてみました。

自分にとって Chromebook Flip C100PA が気に入らない点

ここでは Chrome OS 自体の問題と、 ASUS Chromebook Flip C100PA 特有の問題と、 超個人的な問題とを全部一緒にしてしまっていますが、 とりあえず、その辺は個人の感想ということでご容赦ください。

  • タッチパッドが気に入らない、馴染まない、思ったように操作できない、小さすぎる
  • 充電にこれ専用のアダプタが必要(USB-Cにしてくれ)
  • 思ったより Android アプリの対応状況が良くない(今のところ)
  • 画面が小さすぎる(軽さとのトレードオフだから仕方ないけど)
  • ネットが Bluetooth 経由で使えない(WiFiのみ)
  • emacs keybind が使えない(少なくとも簡単には)
  • キーボードの仕様が日本語だから(英語キーボード版を買えばよかっただけの話)
  • 結局 MacBook Pro を使ってしまう、という問題

仕事の関係上 MacBook Pro Late 2016 が手元にあるため、どうしてもそれとの比較をしてしまう。 価格から考えても、MacBook と Chromebook とを比較すべきではないのですが、 結局、自分にとっては 時々の状況において、便利な方・有効な方を使うということでしかたないため どうしても比較してしまいます。

タッチパッドが気に入らない

  • スクロール用に右手で二本指スワイプをしながら左手でクリックしようとしても反応しないことがある

これはウェブ閲覧中に下にスクロールしながら(右手)、リンクをクリックする(左手)という操作が多いため、 頻繁に行う操作なのだが、うまく反応しなくてイラっとしてしまう。

  • 二本指スクロール時、指が斜めになっているとうまくスクロールしない(気がする)

これは、筐体が小さいから体の中心に本体を置いていると、必然的に タッチパッドに対して 二本指が斜めになるのが自然だと思う。 しかし、二本指スワイプでのスクロールは、タッチパッドに対して2本の指が水平になっていないとうまく働かない気がする。

  • そもそも縦スクロールするにはタッチパッドの面積が足りない(小さすぎる)

筐体が小さいので、タッチパッドに割り当てることができる面積が少ないのは致し方ないのだが。 しかし、縦スクロールするときにタッチパッドの面積小さいので、長い縦ページをスクロールするのに タッチパッド上では何往復もしなければいけない。 すごくこれがストレスになる。 2本指を斜めに配置してスクロールしているとなおのことこの制約が大きくなる。

確かに画面がタッチパネルなのだからスクロールするのにそれを使えば良い、と言われれればその通りだとも思う。 要はこのマシンにあった使い方をすべき、という話かもしれない。

  • クリックするのにかなり力がいる

軽くクリックしたいのだが、それだとできなくて、かなり「カッチ」と意識的に押さないと効かない。 タップをクリックとみなすというオプションもあったが自分には馴染まなくてクリックを使っている。 そして、クリックがイメージ通りできなくてイラっとする。

Chromebook 特有のタッチパットジェスチャーがある

この辺の不満も MacBook Pro のタッチパッドを基準に考えるから そうなるのであって、Chromebook は MacBook Pro とは別ものと考えれば、それはそれで良い点も結構あるとは思うのですがね。

たとえば、Chromebook は…

  • 二本指クリックで右クリック扱い
  • 三本指スワイプでタブ移動

など、タッチパッドジェスチャーがまた MacOS とは違い、これはこれで慣れれば相当使いやすい気がする。

また、クリックしづらいだの問題も要は使い方で、 片手だけを使用して操作するようにすると意外に使いやすかったりもする。 片手しか使わない場合、二本指でスクロールして、該当リンクをクリックという操作も、思った通り操作できる。 試しに、右手だけを使用して、 スクロールスワイプに人差し指と中指、クリックに親指を使うようにすると、ストレスなく操作できた。

充電にこれ専用のアダプタが必要

充電する機器がいっぱいありすぎるので、もうこれ以上増やさないで。 USB-Cにしてくれば解決する話。 次の Flip C101 は USB-C になるようだから、それを買えばいいんですね、たぶん(買えれば)。

思ったより Android アプリの対応状況が良くない(今のところ)

Android アプリの場合、全画面にしても無駄なスペースがあったり、 マルチウインドウ時にウインドウリサイズができなかったり。 普通に使えることを期待してしまったのだが、まだこれからだった。 おそらく今後このあたりは解消していくのだとは思いますが、そこを期待して購入しただけに、少し残念でした。

画面が小さすぎる / Bluetooth 経由でネット接続できない

画面が小さいのは、持ち運びしやすさとのトレードオフだからよいのですが、 モバイルで使うを前提にした場合、たとえば iPhone 経由で ネット接続したいのだが、 Bluetooth ではネット接続できなくて、WiFi テザリングを使わないといけないのが困る。

つまり、モバイル用なのはそれはそれでいいけど、モバイル時のスマートさが欠けている問題。

Bluetooth はあるのに、ネット接続用にそれが使えない。これは Chrome OS の制限だと思う。 Google の Chromebook オフィシャルヘルプ にも Bluetooth の接続可能デバイスリストにネットはないから。 この制限は将来の Chrome OS で解除されるのかしら…

まとめ

値段から考えたら十分にすばらしいデバイスだと思います。 ただ、自分の状況下では細かい点でいろいろ問題があって十分活用できていない状態。 今後出てくる Chromebook に期待します。