my-notebook blog

InDesign ExtendsScript でローカルファイルを開いて処理する

事前にテキストアンカーとその出現ページを記録しておいた json をファイルとして用意しておいて、それを読み取りながら、参照ページを書きかえるようなケース...などで役に立つコード断片のメモ。

続きを読む…

InDesign CS5 テキスト選択範囲をXMLツリーに関連づけして結果をXMLファイルとして出力 jsx

InDesign上で選択しているテキスト範囲をXMLツリー(構造)に関連づけ&結果をXMLファイルとして出力するための jsx を書いたのでメモ。

続きを読む…

ExtendScript 自前の相互参照の作成その1 ... 指定した部分をXML要素としてXML構造に追加する

InDesign CS4 からは相互参照機能が追加された。 しかし、これは改行を含んだ情報を相互参照できないとか、いま個人的にカタログDTPにおいて直面している問題を解決してくれない。そこで、自前の相互参照機能を jsx を使ってつくろうという話。

主な目標

  • 相互参照ソースとしてテキストフレーム内のコンテンツをまるごと(改行も含めて)扱えること
  • 相互参照をタグ付きテキスト機能を使って実装するので、相互参照ソースで設定したスタイルやルビなどを生かせること

続きを読む…

ExtendScript 自前の相互参照の作成その2 ... 相互参照元データを作成する

自前の相互参照の作成その1では、 自前の相互参照を作成したので、 今度は相互参照されるソースを作成する。

ここでは話を簡単にするために、相互参照ソースは…

  • 必ず xref_src.indd というファイル内にあることにする
  • ひとつのテキストフレームの中の段落全部が総合参照ソース
  • 相互参照IDはスクリプトラベルに設定

というローカルルールにする。

続きを読む…

ExtendScript 自前の相互参照の作成その3 ... 相互参照を更新する/元に戻す

自前の相互参照の作成その1自前の相互参照の作成その2 で相互参照の準備ができているので、いよいよ相互参照を更新します。

続きを読む…


Older Posts »