my-notebook blog

Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その2( 回転 )

Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その1 に続き その2 画像回転をやってみます。

Java2D では 画像を回転させるには AffineTransform を使います。 さらに AffineTransform に与える行列を計算するために、3x3行列の積の計算が必要です。 そのまま地道に計算してもたいしたことはないのですが、 ここでは Apache Commons Math を使います。 Commons Math にはさまざまな機能がありますが、 ここで必要な行列の積の計算には MatrixUtils と RealMatrix を理解しておけば十分のようです。

many-angles-white-donuts-360

続きを読む…

Groovy で画像処理、普段使いのスクリプト その1 ( リサイズ/グレースケール/JPEG/切り抜き/2in1 )

普段ターミナル中心に bash と vim で仕事をしている身としては ちょっとした画像処理は いちいち Photoshop や GIMP を起動するより groovy スクリプトでちゃっちゃと済ませてしまいたいところです。

今回はそれら普段使いのちょっとした画像処理用コードをいろいろ書いてみます。 ここではこのとてもおいしそうな ポンシェのホワイトドーナツ 画像を例に いろいろ料理してみましょう。

white-donuts

続きを読む…

JythonとJava2Dを使って、CD-ROMアイコンを作成

Jythonを使って、今回CD-ROMアイコンを作成してみました。

cdrom16 cdrom16 cdrom32 cdrom32 cdrom48 cdrom48

続きを読む…

矢印を簡単に描画するシェイプの自作(Java2D)

arrowShape

矢印の描画自体は、矢印を構成する各頂点を線で結んでいくだけなので、単純です。 (頂点の計算はちょっと面倒かもしれませんが)

とはいえ、何本の矢印を描画する必要がある場合、都度描画するのは面倒なので、始点(p0)と終点(p1)だけ指定したら、矢印を描画するShapeクラスをつくりました。

続きを読む…


Older Posts »